子どもが食べやすいメニュー


塾弁当は、お子様が塾で食べるお弁当です。そのため、お子様が食べやすいような工夫をする必要があります。最も注意しなければいけないのは食べる時間です。 夕方から夜までの塾で食べるお弁当なのか、朝から夕方までかかる塾で食べるお昼なのかによっても大きく異なります。 夕方から夜の時間帯にある塾の場合には、お昼のようにゆっくりとお弁当を食べる時間がありませんので、直ぐに食べられるメニューにする必要があります。 サンドイッチやおにぎりなど片手間で食べられるメニューも人気です。 また、朝から夕方までの塾で必要な場合には、腹持ちの良いメニューが重要になります。



逆に塾弁当には持って行ってはいけないメニューがあります。 ランチジャーで冷たいうどんとつけ汁であったり、コーンフレークと牛乳、付け麺やソーメンなど汁物は通塾中でこぼしてしまう可能性もありますので注意が必要になってきます。 また、塾によってはお弁当のゴミを必ず持ち帰らなければいけないという決まりのある塾もありますので事前に確認が必要になります。



もちろん、塾で勉強しているお子様のテンションが上がるようなメニューが望ましいのは間違いありませんが、 あくまで勉強が主軸になっておりますので、両方をバランスよくクリアできるメニューを選ぶように心がけてください。